1. HOME
  2. プレスリリース
  3. Engaging Talent:人事担当者は優秀な人材にもっと自由を与えよう

Engaging Talent:人事担当者は優秀な人材にもっと自由を与えよう

キーンバウム

サーベイ「Engaging Talent」プレスリリース

・優秀な若手人材ータレントは自身の能力開発の機会を求めている
・人事や管理職の職務の中にタレントのエンゲージメントを追加すべき
・人事マネジャーはどうすべきか?

エンゲージメントとは、従業員が自分の仕事や雇用主に対して感じる献身、忠誠、満足度のレベルである。ここまではとても簡単だ。しかし、タレント、つまり優秀な従業員を自分の組織につなぎとめるものは具体的には何なのか? 組織のリーダーはどうしたら従業員に組織への愛着の感覚を生み出せるのか? タレントを定着させるために人事に課される義務は何か?人事および経営コンサルタントのキーンバウムは、DACH地域(ドイツ・オーストリア・スイス)の1,000人を超えるタレントを対象に行った調査の中でこれらの質問を追求し、その結果をサーベイ「エンゲージング・タレント―優秀な人材の定着と能力開発」にまとめた。

「自社にとって最高のタレントや、可能性ある人材をどのように見つけ出し、組織に定着させるか。特に危機の時代においても、これは企業が自問していく必要のある問題である。本サーベイでは、人事マネージャーだけでなく管理職全体にとっても、タレントエンゲージメントを偶然に任せてはならないことを示している。組織において不必要な変化やノウハウの喪失を避けるためである。したがって、人事で部門や組織の将来の可能性を決定づけるのは下記のような要素となろう。すなわち、需要ベースの能力開発のフォーマットや、タレントとのネットワーキング、さらに強引にレールに乗せるのではなく、道筋を示す形でサポートできるような個別選択型の能力開発ステップ、と言ったものである。」

今回の調査を担当したキーンバウムのマネージングディレクター、エバーハート・ヒュッベはこのように述べている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
タレントは能力開発の機会を探している
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「調査の目的は、多くの企業幹部がタレント開発およびタレントエンゲージメントについて持ち合わせている直感的なものをデータで裏付けし、そこから意思決定者向けにタレントエンゲージメントに焦点を当てた実践的なガイドを導き出すことだ。」

調査リーダーのキーンバウムのシニアコンサルタント、ジェシカ・ウェーバーはこう説明する。

「能力開発のためのコンテンツとフォーマットを自分で選択したいと考えるタレントは95%に上るが、社内ででその機会を与えられているのはわずかに3分の2のみである。つまり、ここが改善の可能性というわけだ。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
タレントエンゲージメントを推進するのは内なる力
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

個人の責任、有効性、コミュニティ。この3つが大まかにタレントエンゲージメントの主要な推進力である、と本サーベイは表している。つまりタレントは自分の能力開発について、明らかに、自己決定を要求しているのである。ジェシカ・ウェーバーは管理職に対しこのように助言する。

「リーダーがタレントにやりがいのある仕事を与え、その達成のためのツールとサポートを提供することができれば、タレント側のエンゲージメントは非常に高くなり、ゆえにメリットも高くなる。更に、本調査対象のタレントの約90%が、自己の能力開発について、自身のキャリアの成功を加速させるためのみならず、企業の目標達成に向かって自己のスキルを利用することを望んでいることが明らかになった。これは組織としては特に喜ばしい。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人事部およびマネージャーにお勧めすること
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

タレントエンゲージメントの推進要素を知ることは、自社のタレント戦略を成功させるための出発点だ。これがタレントエンゲージメントにとって正確に何を意味するかは、マネージャーと人事部を対象とした12のアクションリストに記されている。

「タレントを具体的な能力開発に導くという観点からすると、現在の人事の積極的役割はむしろ小さくなっていると言える。それよりも、人事担当者にはこのアクションリストによって、タレントをもっとサポートするようアピールしたい。規制や枠組み通りのプランを設定する代わりに多角的視点を提供し、余地を与え、成熟させること。これらは考え得るものであるが、決して自明の検知ではない。」

今回の調査のリーダーであるのジェシカ・ウェーバーはこのように要約する。

ショートサーベイ「エンゲージング・タレントーポテンシャル保持者の定着と開発」は無料でダウンロード可能(ドイツ語)
https://www.kienbaum.com/de/publikationen/engaging-talent/

詳細の問い合わせ先はキーンバウム・プレスオフィスまで。

出典
キーンバウム・コンサルタンツ・インターナショナルプレスリリース

キーンバウムでは、弊社の専門コンサルタントによって執筆されるさまざまな記事を和訳したニュースレターを年6回発行し、弊社ウェブサイトに掲載いたしております。トピックは主に欧州、日本における人事関連テーマ、報酬動向などです。
https://international.kienbaum.com/japan/

購読お申込みは japan@kienbaum.co.jp  までご連絡下さい。

———————————————————————

【キーンバウム・コンサルタンツ・インターナショナル】

全世界4大陸に計26の拠点を持つドイツ最大手、ヨーロッパ有数の人事およびマネジメントコンサルティング会社。創業以来75年以上、クライアント企業との信頼関係を基礎に、組織における人材の能力を最大限に引き出すことを目標とする総合的コンサルティングを提供。

【キーンバウム・ジャパン】

キーンバウムのコンサルティング業務のノウハウを活かし、日本におけるエグゼクティブサーチを目的に設立。豊富な海外ビジネス経験を背景に、クライアントのニーズを徹底的に把握し、一貫した信頼関係の中で候補者を絞り込む。雇用契約締結だけでなく長期的な人材コンサルティングのパートナーであり続けることを目標とする。

プレスリリース

プレスリリース一覧