1. HOME
  2. プレスリリース
  3. 男女賃金格差(ジェンダー・ペイ・ギャップ)を企業はどのように分析すべきか?  ギャップ解消のために企業はもっと積極的に取り組むべき―ドイツのコンサルタントが語る

男女賃金格差(ジェンダー・ペイ・ギャップ)を企業はどのように分析すべきか?  ギャップ解消のために企業はもっと積極的に取り組むべき―ドイツのコンサルタントが語る

キーンバウム

2021年3月10日。今年はこの日がイコール・ペイ・デイに当たる。男性と女性の間の賃金格差(ジェンダー・ペイ・ギャップ)については、特にイコール・ペイ・デイの前後に多くの議論が交わされるが、今年も例外ではない。統計的に調整されていない(平均時給の男女間格差)場合、ギャップは19%だが、調整後(同等の職務レベル・内容・業種における平均時給の男女間格差)でも6%を示す。人事および経営コンサルタントのキーンバウムは、男女の賃金格差是正を目指す企業向けに、このテーマに関し各種の資料を作成している。

・男女賃金格差はどのように分析されるのか?

「基本的に、企業はまず給与分配の現状を把握することから始めるべきである。この段階で最低限必要な情報は性別と給与額の2点である。このデータを元に、同種のカテゴリーに属する男性と女性を比較するマッチングが行われ、いわゆる『統計的双子』が検出される。」キーンバウムのデータサイエンス部門の責任者であるミヒャエル・キントはこのように説明し、更にこう補足する。「年齢、学歴・職歴、ポジションレベルなどの追加情報が詳細であるほど、調整後の賃金格差をより正確に判断できる。」この初期段階の調査は、人事マネージャーがまず社内の現状を把握するために、重要となる。

・男女賃金格差はなぜ起こるのか?

「賃金の不平等の理由を100%説明することはでききない。」賃金の透明性を専門とする報酬部門のコンサルタントであるカロリン・カッツェラはこのように述べる。「未調整の賃金格差の大部分は、低い職務レベルに就く女性が多く、一方男性のポジションレベルは女性より高いことが多いという事実によって説明される。男性の賃金が女性より高いのは、ほとんどの場合、この事実と密接に関連しているのである。平等な待遇を前面に打ち出している企業であっても、この問題はほぼ必ず見られる。」

・企業自身がギャップを埋めるべきだと主張する根拠は何か?

「コンサルタントが多くの組織から受ける相談は次の2点である。つまり、未来へ向けて自社をどのように位置づけるべきか、そして才能ある優秀な人材の発掘とリテンションのためにどのような対策を講じるべきか、である。政治的措置がなされる前に、このテーマに関して十分な準備ができている企業は、現在および将来の従業員に、雇用者として非常に魅力的に映る。」カロリン・カッツェラは自身の実務経験からこう述べる。つまり、賃金格差を埋めることは、すべての企業にとって、差別のない行動を実践するための未来志向の一歩だと言える。

男女賃金格差の分析についての詳細は、記事「女性:高性能、高収入?パフォーマンス相当の報酬を受けているか?」をご参照ください(ドイツ語)。またはキーンバウム・ジャパンまで日本語でお問い合わせください。
https://www.kienbaum.com/de/blog/frauen-leistungsstark-aber-auchleistungsgerecht-verguetet/
japan@kienbaum.co.jp

出典
キーンバウム・コンサルタンツ・インターナショナルプレスリリース
オリジナル記事(ドイツ語):
https://www.kienbaum.com/de/presse/equal-pay-day-wie-koennen-unternehmenden-gender-pay-gap-analysieren/

本記事はニュースレター2021年第2号に掲載されています。下記をご参照ください。
https://media.kienbaum.com/wp-content/uploads/sites/13/2021/04/Newsletter_No_2_2021_JP.cleaned.pdf

購読お申込みは japan@kienbaum.co.jp までご連絡下さい。

———————————————————————

【キーンバウム・コンサルタンツ・インターナショナル】
全世界4大陸に計24の拠点を持つドイツ最大手、ヨーロッパ有数の人事およびマネジメントコンサルティング会社。創業以来75年以上、クライアント企業との信頼関係を基礎に、組織における人材の能力を最大限に引き出すことを目標とする総合的コンサルティングを提供。

【キーンバウム・ジャパン】
キーンバウムのコンサルティング業務のノウハウを活かし、日本におけるエグゼクティブサーチを目的に設立。豊富な海外ビジネス経験を背景に、クライアントのニーズを徹底的に把握し、一貫した信頼関係の中で候補者を絞り込む。雇用契約締結だけでなく長期的な人材コンサルティングのパートナーであり続けることを目標とする。
https://international.kienbaum.com/japan/

プレスリリース

プレスリリース一覧